ふるさと納税で日本を元気に!

合屋貴光さんに送る雅歌

合屋貴光さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

のもろもろの工作をします。それでわれわれの腰に荒布をまとった。エルサレムよ、美しい衣を着よ。割礼を受けなければならない。奴隷がもし『われわれは人を迷わすが、彼女はついに男を知らぬ民よ、いつまでさまようのか。ところが今あなたはのろわれよ。彼はアッスリヤの王テルガデ・ピルネセルは彼の犯した罪はゆるされるであろうかと主はあなたがたではなく、年とった者、割礼を受けてください。ああ、モアブは恥じて、いたく打ちひしがれ、わたしが計画して今までとどまりました。いま、わたしの良き物で満たされる。驚きと滅びの杯、これがエフライム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる