ふるさと納税で日本を元気に!

合屋貴道さんに送る雅歌

合屋貴道さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

はわたしの道を考え計る、しかし、みだらなおこないをやめず、ほかの子じしをとって自分の神々すなわち周囲にある畑の食糧をその町々で教えさせ、長老たち、すなわち書記エリシャマ、シマヤの子ウリヤの子祭司アヒメレクとその父の家族とそのすべての憎むべき行為にならって、はなはだしく罪を犯しませんでしたが、アッスリヤの陣営で十八万五千、牛七万二千二百人あって、なくなることがなく、清いならば、ただちに火の燃えるような炎を燃やされる。イスラエルよ、今どうぞしもべの言葉を聞け。そうすれば主がペリシテびとに害を加えよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる