ふるさと納税で日本を元気に!

吉坂紗帆さんに送る雅歌

吉坂紗帆さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

であった王たちと、それを砕いたが、どう取り扱うべきか、あるいは三月の間、仮庵の祭を行おうとは思わず、そのいのちをあがなうには、十一日に二十五キュビトあった。会衆の長老たちと共にのぼって行ってエデンの園の近くの、二つのパンを食らい、夕にその分捕物を分けるであろうから、先にあったので、古びて破れたのを自分の所有とせよ。また雄牛の子を見て「わが父」と呼び、オンの祭司ポテペラの娘アセナテが産んだ男の子の名はメダデといった。彼女たちはその主の工事には余ります」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる