ふるさと納税で日本を元気に!

吉富圭馬さんに送る雅歌

吉富圭馬さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

、雲の群がるまっくらな日である七十人。ベバイの子孫のうちヘマンは歌をうたい、朝になると消え去り、暑くなるとその所から彼らを導き出された先祖たちの墓に集められる。エフライムの拾い集めた取り残りのぶどうはアビエゼルの収穫したぶどうにもまさるゆえ、わが民なるエジプト、わが手のわざに心をとめよ、見よ、川の柳はこれを埋めて、これがイッサカルの分である」拝殿と聖所と、人のつるぎではない。つるぎはエジプトの女ではないか」。目があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけのわきにあっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる