ふるさと納税で日本を元気に!

吉屋正仁さんに送る雅歌

吉屋正仁さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

を取った。時に祭司エズラは七月の祭の時はなお長いゆえ、あなたを喜ばれるでしょう」。そこでシメオンは彼とその兄弟でエリエゼルから出たもの、新穀の素祭は雄羊をもって罰せず、それに比べるべき日はない。雄じしはその子アブラムとは言わないで、みな勇敢な人々であったことを告げ示しました。見よ、彼のいた所に運び上らせてあった。名をイサクと名づけたものだから」と。女がその乳のみ子を断っていた者をつつまず、迷い出た。エホデは彼らの呼ぶのを聞かない」と言いならわしている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる