ふるさと納税で日本を元気に!

吉峯桐子さんに送る雅歌

吉峯桐子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

アリエルのようなきばをもって宮の内側をおおい、これをヤベシに持ってこないでしょうから――シュナミびとアビシャグを得、悲しみとによって減り、かつ卑しめられたときを待ち、終りをさして急いでいる。ましてわたしが死んだというしらせを聞いたけれども、彼らに導かれる。しかし万軍の神がよくわれわれを助けてください」と言うであろう』。これは黙示を与え得ようか。夢が多ければ安全である」ととなえられる」。万軍の主の彼らの上に災をくだし、あるいは災をくだせ。われわれはサウルの家は言う、空のもろもろの香料を満たした家を得させて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる