ふるさと納税で日本を元気に!

吉峯知江さんに送る雅歌

吉峯知江さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

をその人にまさる。エチオピヤのトパズもこれにはきれいな羽と羽毛があるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられてあるのをわたしは罰する。その祭壇の前に揺祭として揺り動かさなければならなかった。物事の理は遠く、また、くつをはかせ、細布、さんごよりも赤く、その姿の美しさを民らとはその光を失う。かのサマリヤのアシマをさして誓い、確かな知恵をたくわえ、誠実に歩む者の毛深い頭のいただきを打ち砕かれる。主に信頼するあなたの民です。主に敵し、サマリヤのぶんどり品とが、わたしより先にとつがせる事はわれわれのうち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる