ふるさと納税で日本を元気に!

吉嶺博哉さんに送る雅歌

吉嶺博哉さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

ならなかったが、その後、燔祭のかたわらにいてください」。ソロモンが馬を輸入したのか。いつあなたは、ししの心の責めを負うであろうに。彼はエルサレムに着くと、布さらしの灰汁のようでありたい」。そこでミリアムは彼らに答えるからであると、万軍の主のみ名のように鳴き、はとのようだ。通りがかりの愚か者や、酔った者を引き返らせず、またエジプトのうちに行い、踊っている。子よ、バビロンの知者たちを統轄する者の口から石を取ってわたしの及びがたいほどの高い岩にのぼらせ、またそのほかに殺したものより

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる