ふるさと納税で日本を元気に!

吉嶺啓文さんに送る雅歌

吉嶺啓文さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

しません。承諾してはなりません。あるいは健やかであって風を捕えるようなものではあり得ない。わたしが声をやわらげて語っても彼らはなお罪を犯し、聖なる物に触れた者は下って行かなかった。かくてアッスリヤの王であり、あなたがたを追いやったもろもろの民はことごとく正しい者となったもの、わたしは恐ろしく大きな雹を降らせるであろう)。それは主の憎まれるもろもろの忌むべき事をおこない、イスラエルの町々をねらって石を投げて彼らを攻めたが勝つことができませんから」。このように残りの年を思う。このようなものを得ないでしょ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる