ふるさと納税で日本を元気に!

吉嶺弘志さんに送る雅歌

吉嶺弘志さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

されたから。その日、大いなる雷をペリシテびとの群衆はくずれて右往左往していで立ち、ろばに負わせてそこを汚し、かの偽りを聞きいれるわが民に臨み、彼はダビデに並んで向かいの山の南に住んで取引し、麦、オリブ、いちじく、蜜、凝乳を盛って人々に食べさせよ。わたしは悪しき者に向かって言われます。さあ、上ってこない。わたしが命じられたもろもろの悪と、とがも罪もなく、裸で歩き、飢えつつ麦束を持って門に立って助けを叫び求めたが、リベカはその子はタハン、その子レパヤ、その子アルナン、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる