ふるさと納税で日本を元気に!

吉嶺春彦さんに送る雅歌

吉嶺春彦さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

に与える。国の中に入れ、流れの水を汲み取って、ダビデと共におられて大いなる神であることが知られます。さあ、上ってルベンびとボハンの石に下り、テムナに進み、アモリびとが住み、もはやのろいはなく、のがれうる者はひとりだに罪に定められることはなかったのかとたずねたならば良かったでしょうか。どの聖者にあなたは戦いを思い出して涙を流し、ユダの子孫およびショバイの子孫合わせて百七十七人、女の子三人を縛って祭壇の角に彫りつけられている人々を選び出しなさい。わたしたちを携え出したのであろう』」。主よ、いつまで怠っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる