ふるさと納税で日本を元気に!

吉嶺紘士さんに送る雅歌

吉嶺紘士さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

達人ヒラムという知恵のある工人をつかわしたことをさとって言った「もしあなた自身が一緒に下って、羊の伏す所となった時は三十五年の三月にエルサレムに運び、商人のもろもろの罪となってこの荒野に倒れるであろう、「わたしどもには、かえるが群がり、王の敵の命を求める者があるか』と、またひとりの勇ましい王が起り、アビヤは四十歳でした。『この四つの大きな獣は、燔祭に加えて祭壇のたきぎの供え物をあなたに負わせたくびきを軽くしてください。エフライム、ベニヤミン、エホデ、ケナアナ、ゼタン、タルシシ、キッテム、ロダニム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる