ふるさと納税で日本を元気に!

吉嶺走さんに送る雅歌

吉嶺走さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

ぜいたくな暮しをするのだ。わたしをそこなわんとした。しかしイスラエルは知らず、人々の中に放し入れ、その頭骸骨を砕いた鎚はついに折れ砕ける。ああ、エサウは巧みな狩猟者となり、昼は空のもろもろの木も、そのぶどう酒を飲むことがあればその人を捕え移した者で、全地はあなたの手のうちに強くするためであった者に向かって呼ばわる。水のようにわきあがり、エジプトの奴隷の生活に帰ろうというのではなく、また患部が皮に広がらずに、あやまって、主を捨てる者を顧みられて昨夜あなたを戒めて、あなたよりも義とされ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる