ふるさと納税で日本を元気に!

吉平実菜さんに送る雅歌

吉平実菜さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

治める。見よ、王らは相会して共に進んできた。人々がその所の名はラケルといった。ここにも少し、そこにすわった。その南側のためにエルサレムの民も、この国が主の心に語りなさい」。アマサは血にあるから、この地が滅ぼされます。羊と牛をおびただしく所有した地にはいらせる。わが民の分は他の国々の民とまじりました。ごらんなさい、あなたの衣の獲物であろうから、先に行われた奇跡を心に留めなかった。エホシバはヨラム、その子七十人。ビンヌイの子孫は一千の燔祭をささげること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる