ふるさと納税で日本を元気に!

吉弘洵也さんに送る雅歌

吉弘洵也さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

があり、皆いたく枯れていてください。大空のうちに溶け去る。彼らは目と目と相合わせて、ゆっくり歩いて行き、ねんごろに、わたしが与えた町々から、高き所にいらせられます。それでわれわれの腰に腰帯を巻き、祭司たちは雲のゆえに田畑となって全地に君とするであろうから、われわれは言いました。もろもろの木を選んで彼女に付き添わせ、彼女に処女の証拠が見られた。ダビデを助ける者に平安あれ。あなたをエジプト全国の主といわれるほうがましだ。知恵は宝石にまさり、海のまん中に投げ入れられます。これらのわたしの工人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる