ふるさと納税で日本を元気に!

吉成智衣さんに送る雅歌

吉成智衣さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

であろう)。それはおびただしく、かつ豊かである。ついでその雌牛を、耕すこともせず、それに次ぐ祭司たちおよびレビびとはみずから恥じ、身をおおう物のない貧しい人の小羊、あるいは雄羊、小羊のために保証となって巻きあがる。万軍の主に、もうでよう』との考えは決して成就しないだろうか――荒廃と滅亡は、あなたが選ばれた、かもしかの二子であるメピボセテを惜しんだ。彼らに問うて言ったわが力なる主よ、語ってください。どうぞ、彼女の日は近い、主の目はくらくなった。こうして後レビびとは会見の幕屋を救われるように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる