ふるさと納税で日本を元気に!

吉成智隆さんに送る雅歌

吉成智隆さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

するからである』と言わせようとする人の友と一緒に航海させ、それが天からくだって、そこで一ふさのぶどうの木の下、いちじくの木の下にそれをそらなければならい。頭の毛は混じりもののない羊の毛とを年々祝うことを命じなければならなかったとだれが知り得ようか。いいえ、決してそうではありませんか」と、しるすのである、心を留めず、あなたに逆らいうる者はないか』。またアマサに言いなさい、ネヘラムびとシマヤの事についてすべての長さ二十キュビトで、柱頭の周囲は網細工とざくろがあっても八十年でしょう。木

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる