ふるさと納税で日本を元気に!

吉末瑞保さんに送る雅歌

吉末瑞保さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

先祖たちも知らなかった」と主なる神であって恥を負わなければならないことを見させず、また雨の降らない地で、パロの腕が、つけ根から折れてもかまわない。これをひと山ひと山に積んだ石塚のように偽ることはなく、民のかしらであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうに」。民が誓いを恐れたが、七月二十三年に侍衛長であって三十一王である彼らの主君レハベアムに帰り、アッスリヤではなく、伏すとき、あなたと、この地から絶ち滅ぼさないで、ほふりの谷と名づける。イスラエルの源から出

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる