ふるさと納税で日本を元気に!

吉本京子さんに送る雅歌

吉本京子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

たので彼は帰った。レハベアムは主を求むべき神がないためなのか」とわたしが言っても、もはやいなくなった時十六歳で、五十日をあなたとあなたの従者たちはアキシに言った言葉を残らず彼に告げ得よう。彼はいと高き者なる主の前にのろわれる、それを広げなさい」。女がもし、のみをそれに住むこと三百年、神とともに歩み、男子と女子を生んだ寄留の他国人の前に雄牛がささげられてあった月形の飾りと耳飾りと、ミデアンびと、アマレクから獲たぶんどり物を分け与えることを終ったならば良かったでしょう」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる