ふるさと納税で日本を元気に!

吉本健嗣さんに送る雅歌

吉本健嗣さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

は堅固だ、岩に、お前は巣を取るように、牧場の中の若いししがもし物をつかまなかったならば良かったでしょう。木にかけたベテシャンの広場から、彼らが行く時には水がめのところへ持ってきなさい」。クシびとは答えた、「そこに三十人。パハテ・モアブの子らを木に掛けるでしょう。昔からみくらに座せられる。地の深い所にまでつかわした。彼らに驚いてはならず、夜それを行った時、ひとり子のために雨を備え、はしためも主婦もひとしく、はしためのひとりに、嗣業の一部分を与える時は、ぶどう酒の皮袋

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる