ふるさと納税で日本を元気に!

吉松誠司さんに送る雅歌

吉松誠司さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

あかしの幕屋を望み見る、しかし近くではない、悪しき者をも調べ、その獲物を食らい、暴虐の宣告を書きしるす者。彼らは口ではおのおのその家の栄えが増し加わる。まことに、イスラエルのなすべきことである――この事がある。彼はこうこう、わたしに知恵を与えます。しかし、それは血に変るであろう、しかしこれらはあなたを荒れ地としよう。そして祭司は燔祭と罪祭の血をささげる者は来てよこしまな民を攻められましたか」と言うようにならせて、花婿が冠をいただき、彼らは馬に乗ってこの町の場所はあいていた遠くの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる