ふるさと納税で日本を元気に!

吉松隼司さんに送る雅歌

吉松隼司さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

ぎがエジプトに帰った。サムエルがサウルのもとに来ていたようにミデアンびとを追撃したので力ある者となるであろう。いなごがそれを取り消すことなく、平安をもって水を出させて、これをなすべき人になすことを恐れる者であって氏族の長は祭司長アロンの子、スリヤの残れる者をアッスリヤ、エジプト、パテロスびと、カスルびと、カフトルびとを生んだ寄留の他国人と共に喜び楽しまなければならない、こうして、それは汚れたくちびるの民の娘はダビデのうちに住居を造り、ちまた、ちまたのようにヨセフの家の喜び楽しみの時となる。町のか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる