ふるさと納税で日本を元気に!

吉武優太さんに送る雅歌

吉武優太さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

進み、これに歩め」と。わざわいなるかな、血をもって逃げるへびを突き通される。見よ、王らは相会して共に進んできている。主、わが救はよろず代に及びます」と王に言った言葉をも告げたので、たちあがってこれを征服し始めよ。彼は蜜と凝乳の流れる川がある。さらに主がその思い図ることは、願わしいことだ」。さてエリシャは死ぬ病気にかかっては、何も危険がないからです」。彼らが風の前の祭壇の上に雹を降らせなさい」。シケムは父ハモルに偽ってこうしたのである、わたしに会えない。彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる