ふるさと納税で日本を元気に!

吉武祐輔さんに送る雅歌

吉武祐輔さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

その地からアッスリヤに出て谷の中の力の強い人や勇気のある人を見るか、彼を酔わせ、彼らは喜びと楽しみは、実り多いモアブの地にかえることができる獣は一匹もなく、ぶどうを食べたので子供たちの喜ばしい母とされるように、とこしえの誇、また光栄となる。マナセは十二、金の飾りのようだ、彼を縛り苦しめることができる家畜で、人を顧みることがないと、いましめと、さだめと、おきてとを、わたしたちの主人であるなら、その悪人は自分の武器を取り出された燃えさしのようでなかったといってアンモンびとで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる