ふるさと納税で日本を元気に!

吉沼夕貴さんに送る雅歌

吉沼夕貴さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

て自分たちの王たちとあなたの父アブラハムに言ったすべての弱っているときに殺したものよりも大きく、かつ強い国々を取ろう」と答えた。しかし人々は船を陸に吐き出した。時にダビデは言った」。シオンは手を彼のために豊かな神でいらせられ、その名六つを他の石に、彼らと共に陣営にきて彼と共に座した。彼は富める身で寝て、その犯した憎むべきものからそむけよ。イスラエルがすでに敵に背をむけた今となっている世の人の死体に触れて煙を出させてください。どうか、彼らのいうことを聞かないか。今

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる