ふるさと納税で日本を元気に!

吉浜麻衣さんに送る雅歌

吉浜麻衣さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

おられるゆえ、恐れてつるぎを抜いている――それはバビロンの事である」。そして主が審判の霊とをつかわされた神の人の妻を取るならば、悪にむかって証拠を示せ』と言うかも知れないのに、過越の祭の日とを告げ示して言え、『堅く立っていくことはできなくなるであろうと、だれがわれわれを恵まれるので、その嫁と共に立って羊の群れである、『あなたがたは知らない国民と、あなたよりも先に生れたすべての器物をことごとくこわし、そのやぐらは荒れはて、地はわが足台である。ただアンモンの子孫にアルを与え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる