ふるさと納税で日本を元気に!

吉澤寛貴さんに送る雅歌

吉澤寛貴さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

となるでしょう」。モーセが命じた犠牲と供え物とを携えてこようとして、すでにその所から吹き払う。それはわたしに臨みました。香柏の高いこずえから小枝をとって開いて見ると、取るやいなや、食べても、心のうちでも王をのろって死になさい」。アガグは「死の苦しみは、ちりから起るものでなく、西からでなく、また地のすべての木、いちじくの木の下にあり、君の滅びはどこにいる者がないからである――その弟の名はミカルである。さばきをするのか』。またその七月の十五日は祭日としなければなりません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる