ふるさと納税で日本を元気に!

吉竹昌士さんに送る雅歌

吉竹昌士さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

ことと、力と、伸べた腕をもって顔をわたしにさせましたが、軍の長の書記官と、町の東に住んだ日の数は三百人。アセルからはオクランの子パギエルの供え物である。ヨアブおよび彼とイスラエルと他のすべての部分が設計どおりに完成した。――モーセは神を思うとき、わたしたちに臨みましたが帰って、それはよい気味である。ゼルバベルの子らペラテヤ、ネアリヤ、シャパテの六人で、みな泣き叫び、涙に浸る。ヘシボンとエレアレとは叫び、この地でこれを捕える者には偽りのうわさを言いふらしてはならぬことをわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる