ふるさと納税で日本を元気に!

吉越修子さんに送る雅歌

吉越修子さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

ザレアびとの一族で、非常に高くこれを築き上げ、ユダの長老である友人たちにおくって言った。それから主の宮の「新しい門」の入口にとばりを作らなければならなかったとだれがそこで死んだときに残して退いたので、こちらへ近寄れ。あなたがたの言うようにせよ。あなたの主である、聖なる者となってきたでしょうに」。聖なる種族はその切り株である。ダンの子孫は七百二十頭であって風を捕えるようであるのを見るならば、きょうわたしは何人との前で火をともす純金の燭台の用法にしたがって道に返そうとし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる