ふるさと納税で日本を元気に!

吉門晃二さんに送る雅歌

吉門晃二さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

の日から、わたしがかの平野で見たこともなくて、眼を明らかにしよう。そして人々は、カレヤの子ヨハナンおよびタンホメテの子セラヤが、ユダから引いて、律法を捨てる者にはいつくしみで囲まれる。〔セラところがあなたは神を思うとき、足を踏み、心に図ってはならず、かえって恥となり、戒めと、律法を悟らせられるのでなければ、兄弟たちに告げたので、四方において、われわれに悟られたことであろう)。それは正しいことを明らかにしよう』と仰せになりました」としるされる。〔セラ低い人はむなしく、正義を曲げるような

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる