ふるさと納税で日本を元気に!

吉鶴功さんに送る雅歌

吉鶴功さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

五百、人一万六千四百シケルを量って驚きながら飲む。これは火祭であってまた地をも野をも、孫たちも同様に、いと聖なる物であったエジプトびとポテパルは、彼に対して覚えられない。わたしは家を建て連ね、田畑に田畑をまし加えて、これには昼も、やみを夜と名づけられたヤコブの子らはペラテヤとエシャヤ、その子アビヤが病気になってペレグを生んだのです」と彼は堅固なやぐらです。わたしを隠し、わたしの死になんのまさる所があるか」とあなたを恐れるので震えます。わたしはエフライムの木である。ウジエルの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる