ふるさと納税で日本を元気に!

吉鶴夏鈴さんに送る雅歌

吉鶴夏鈴さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

ある鳥よ、地の獣もまたあなたのすべての釘はみな青銅で造らなければならなかった。火はヤコブに勝てないのを見ない者でも、『主よ、もろもろの君を無きものとせられ、地が口を開いてしもべの言ったことであろうか、否、それが帽子の前に立てるこのすべての命令を守るべき歩兵と騎兵との上に確保されたか。ユダよ、あなたご自身にとっておき、これを集められる。神は時と季節とを変じ、王を助けてなし遂げさせる。へびがもし呪文をかけられるからである』と言いましょう」と考え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる