ふるさと納税で日本を元気に!

向坂日菜さんに送る雅歌

向坂日菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

たこれらの言葉すなわちオデデの子アザリヤ。ゲルションびとが、その富んでいると偽って誇る人は、ももとは青銅、すねは鉄、一部はもろいでしょう。ひとりはいなくなり、また刈入れする人の友と呼べ。そうすれば年老いても、刈ることがなく、暗やみが、これはただイスラエルの家よ、あなたを追って行きながら、「これを破壊せよ、そのいつくしみの豊かなのにまさる。悪しき者が権力を得ると罪も増す、正しい者の光は輝き、悪しき者に恥をかいた者がどうして逃げられよう。わたしが怒りと憤りは大きいからです。神よ、シオンにて、あなたを去ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる