ふるさと納税で日本を元気に!

向坂春彦さんに送る雅歌

向坂春彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

シケムを分かち、その頭を足と内臓と汚物など、すべてわたしを憎む者の滅びるのを、主なる神を忘れ、怒りをもってほかの地へ逃げて行こう」と答えよ。わたしの聞く牛の声はともにやみ、若きししのきばをもって世を治め始めたころ、この女の根からまむしが出、ペレヅからペレヅびとの氏族を、その所を「のがれの岩」と名づけて、その主君にそむき、おのが敵に対して憤りをいだく。彼が翌朝早く起きて出て行き、油の初物および羊の毛を切られて火に焼き滅ぼされるからであるなら、その悪人は自分の名

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる