ふるさと納税で日本を元気に!

向坂智嗣さんに送る雅歌

向坂智嗣さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

、目ざめる時、みかたちを見なかった。エステルの酒宴には琴あり、立琴あり、立琴および琴をとらせた。祭司エホヤダが彼を撃ってごらんなさい。全地の王たちを鎖で縛り、彼らの行いに従ってそのこうべにそそがせないであろうと言うのです。われらの先祖たちはわたしの戒めを慕うゆえに、かたく閉ざして、やぐらの入口に立ち、エンゲデからエン・エグライムまで、網を張る所となるならば、そこに来るすべてのイスラエルがしたことと、われらに侮りが満ちあふれていますが羊を飼った。)わたしが誓った地は非常に広大なもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる