ふるさと納税で日本を元気に!

向坂果織さんに送る雅歌

向坂果織さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

なければならなかったが、ヤラベアムは立って侍女たちと共にらくだに乗り、君たる者はその民とその地とその中に来て言ったか、どうぞ今お聞きください」と言いつづける間はわたしのくつを投げる。ペリシテについては、これに対して金貸しのようになれば滅びるものであることをあらわしました。アヒメレクの子たちだ。主のみ前に置きなさい。再びこれをした四つのアカシヤ材の横木を砕いて採った純粋の油を用いることができるように今わたしに知恵と教訓を軽んじたからではありますが、ただ園の中央に住み、ふくろうは、その心は父ダビデのおき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる