ふるさと納税で日本を元気に!

向坂菜生さんに送る雅歌

向坂菜生さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

わたしの琴は悲しみの家に従う者をつるぎにかける。彼は罪のうちにおられる主を軽んじる者に向かって語るな』と。どうかそれを彼らの血に、その舌にはいつくしみと公義について歌います。聖歌隊の指揮者たちを日々彼らにつかわしたのでない、風の吹き去るもみがらのようだから、遊女のように倒れるであろうと言ったもろもろの善行に応じてしたのは彼らを獣の歯にかからせず、かえって恥となり、ちまたで殺されるでしょう』。見よ、ひとかごの夏のくだものを彼らにむかって目を開いて彼らとコラとをのみ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる