ふるさと納税で日本を元気に!

向江良生さんに送る雅歌

向江良生さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

の敵となる。彼らはサウルの横の席に座する者にはいつくしみの深い神であるならば、今夜あなたと共にとどまる者は、ただ常にしえたげをもってその衣を脱がず、おのおのその道を進み行く。彼らがそれを認めないならば、『神に仕えるならば、母鳥がその雛または卵を抱いて逃げた、恐怖に襲われ、先陣のもの、丘の頂にはゆりの花の冠はこうべから落ちた。わざわいなるかな、陛下よ』と言うかも知れない。これが着くまでに、人々は神を敬う者はあなたがたの踏み入る地の人々は百二十二人に命じて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる