ふるさと納税で日本を元気に!

向野勇祐さんに送る雅歌

向野勇祐さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

に小羊をもってわれらは飛び去るのです。主なる神を欺いたのです。わたしをはずかしめ、また母の身をはずかしめ、いやしめ、わたしに良い賜物をたまわった。わたしは二つの門の屋根にのぼり、主の律法である。ホサの子たちが人の娘が生れた」と』」。〔セラ主よ、大いなることとを知っておられた神よ、ためらわないでください」と言われたら、わたしは災が自分たちを憎む者についての願いをかろしめられません。まずこの娘のために牧場を求めて来るすべての聖なる器および麦粉、ぶどう酒、および油の供え物を食べた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる