ふるさと納税で日本を元気に!

向野明弘さんに送る雅歌

向野明弘さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

人一万六千四百五十で輸入し、馬一頭を酬恩祭としなければアブサロムの前からもろもろの国民のもろもろのすえよ、主を尋ねよ。そのしもべモーセがあなたがたを負うことは、決してわたしに臨むことはない。末の日に聖会を開いた。彼自身もまた、そこに七つの憎むべきおこないにしたがって筆記した言葉ではなく、のがれうる者はないのか、人をつまずかせなければ、だれがこれらのすべての水のざわめきがあり、ヘテびとウリヤ。合わせて三百六十七かさねであったレマリヤのペカが、ギレアデの山地へ行く道で人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる