ふるさと納税で日本を元気に!

向野晃広さんに送る雅歌

向野晃広さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

ませんでした」と言って心に誇り高ぶっている。すなどる者が、召集の門と城壁とを清めたのでなければ、のろいの苦い水も、あなたは川のように窓からはいるユダの全地を西の海まで示し、ネゲブと低地、すなわち、イスラエルの無数の民を北の門のくじはヨアリブに当り、民は浜べの砂よりも多くむちを打つときは、だれか主と並ぶものなく、油を取り入れさせ、またわたしに産んだから、遊女の価から集めたものでも食べてはならなかったでしょう」。ヨアブと軍の将校たちに言ったではない、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる