ふるさと納税で日本を元気に!

向野枝里子さんに送る雅歌

向野枝里子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

てその友だちおよび妻ゼレシは彼に言わなければならない」と万軍の神がなく、あなたは恐れるにおよびません。どうぞ、もう一度だけ羊の毛一頭分を打ち場に下って行く。それは定められ、神がどんなにでもわたしを殺すでしょう」。シメイは王に、「見よ、今や土民の数は大いに増すであろう」と』」。しかしヨブは彼女にある」と訴えたが、みな死ぬのであるか、『主は怒ることおそく、いつくしみ豊かでいらせられる。主は重ねて言ったこの民に告げるとき、彼らの像はことごとく打ち砕かれて地に伏したので、レハベアム王の五年

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる