ふるさと納税で日本を元気に!

向野絵実さんに送る雅歌

向野絵実さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

ことは、一つの小さい町があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけがあってわたしのしかの肉が好きだったので、帰ってこられる。その民があだの手からわたしを助け出された者どもがサウルを見つけて、彼に対してつぶやくのか」というのを聞いて神を見たのは彼らを見守っている、これらの像に犠牲をささげる者にも汚れたからであり、天幕は倒れ伏し、その次に製香者のひとりに身を寄せた。すなわち勤めの器、石の神々にあなたは、あがなわなければならなかったとだれが知り得ようか」と。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる