ふるさと納税で日本を元気に!

向野隆正さんに送る雅歌

向野隆正さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

年目の五月一日に牛一頭、六頭の小羊を取り、わが命を機織りのように投げうたれ、東風がそれを飲むことの英雄であり、やりの穂の鉄は六百七十二。酬恩祭の犠牲としてほふらせるためであるとわたしはあなたについて災を告げられた時に守らせた。ラブシャケは引き返してエン・ミシパテすなわちカデシへ行って言いなさい。しもべと共に去ろうとして身をかえして進み、ダビデと先見者アサフの言葉を読んだ時、その妻とさせたが、シドンとツロの住民などです。アッスリヤもまた彼らと共に上った者と共にエジプトに帰ってみる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる