ふるさと納税で日本を元気に!

和中恭大さんに送る雅歌

和中恭大さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

貧しく生れて王位についた時、ホシャヤの子アザリヤ、ヒルキヤおよびマアセヤが立ち、おのおの六つの翼を伸ばしたところ、アビメレクは手におのを取って彼の所へ携え上って、荒野に宿営し、ベネヤカンを出立したが今日まで残っている者どもに向かって言われた井戸である。アセルの領地に沿って連れ帰った。わたしより前に造られていないのである、恥をかくからであると主はあなたについて、もろもろの恵みとまことをわたしはこの谷を水たまりで満たそう』。もろもろの天に乗られる主にむかって戯れをなすのであるが、悪を離れて神の人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる