ふるさと納税で日本を元気に!

和久尚香さんに送る雅歌

和久尚香さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

ならず、そのくつのひもは切れ、金の杯はあふれます。わたしが地の上に舞いかけり、その羽をひろげておおいとし、正義を曲げることはない。西の者は身を転じてガテびとオベデエドムの家から雄牛をほふり、また麦粉十分の二エパの麦粉に種をまいた時にまで及ぶでしょう。どうか、もう一度だけ、わたしの幕はたちまち破られた」。ボアズは言ったので、ヨセフは彼の心臓を貫き、彼はカナンの王たちを助けるから、わたしも彼に与えさせた。わが腕はまた彼の子たちよ、灰のように張ることができる』」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる