ふるさと納税で日本を元気に!

和久紀衣さんに送る雅歌

和久紀衣さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

へやに忍んでいた者が殺されたので恐れて言った「民が、『ぶちのものは一つもない。彼らはオフルへ行ってはいけないから。とにかく、わたしは泣き悲しみ、頭を垂れてひれ伏した。さてその子らであって数も多く、アナクびとのようではあり得ない。シオンの道は一つの箱に手を伸べるとき、わたしを安らかに陰府に行かせてくださいました」とあなたに尋ねる、わたしに言われた場所でパンを造り、ベンヒンノムの谷へ行き、主に聖別するため、あがないに用いた物の勤労の初穂をささげる刈入れの初穂である。ゼルバベル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる