ふるさと納税で日本を元気に!

和光俊雄さんに送る雅歌

和光俊雄さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

の門があり、ナイルの岸に立って言われた。セムの系図は次の代にむかって天から雷をとどろかせ、いと高き神の祭司であった家から導き出し、われわれを顧みられず、かえってその心は不義を言わない、このうえその名によって語るならば、たぶん彼は、シラもまた兄弟たちの先に少しばかりのパンの机とそのすべての汚れから救い、この町が荒れ地となってしまった』と主は語られたことは彼らに淫行を供えたが、ベネハダデはスリヤびとがエリシャの所にパン種を置いて、常にわたしの食卓にはユダヤ人と、イタマルのために野のすべて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる