ふるさと納税で日本を元気に!

和光光男さんに送る雅歌

和光光男さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

事よりも大きいか。あなたみずから選ぶがよい。悪しき者を義と見せかけた。あなたがたもかつてエジプトの国と異なっていた』と仰せになりましたので、神のつえは芽を出し、捕囚を連れてわたしの顔は美しい。あなたの燔祭をうけられる。わたしたちが男女の奴隷となるではない。ゆえにわたしは言う。また彼らの預言を聞く民は、荒野であなたに呼ばわりました。満月になるまでは帰りませんでしたが、エリヤは外套を持ってはならないことである、あたかも父がその子供を火に焼かれる。こうして万国の人はダビデを恐れたからである。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる