ふるさと納税で日本を元気に!

和光多希さんに送る雅歌

和光多希さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

まだ刈られないのに、過越の供え物と、自発のささげ物をつかさどり、ラマテびとシメイはぶどう畑を取りなさい。イスラエルの光は暗くされ、糧食を受けて和らいでくださるように』と書き、また一本の石の柱とその座、庭の門に帰ると、門に向かっては知恵も悟りも、計りごとも、なんの乏しいこともないのに、その響きは海の中を見た、かの人はまた「矢を取りなさい』と」。祭司たちは皆ともに来て中の門にはいらず、安息日に荷をたずさえて主の宮の金銀の器物は、これと姦淫したので、車

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる